役立つのぼりのトリビアとして同種の色でまとめる

組織において、その組織をイメージするカラーを持っているということがあります。学校においてはスクールカラーがあります。企業においては、コーポレートカラーがあるということです。その色があるというとき、いろいろなところで、その色を使うようにします。交渉であったり、企業のロゴ、旗であったり、案内などを作成するというときは、その色にします。

そうすることで、イメージを植えつけることができます。もちろん、その色を決める上では、しっかりと理由を決めておきましょう。こういった理由で赤にする、青にするということにして、それを組織にいる人にも認識してもらいます。自然にその学校や組織はその色ということが判る用になります。色を統一することで、内容は異なっていても、統一的なイメージを出すことができるということがあります。商品のパンフレットにおいては、当然商品はそれぞれ違うことになります。

でもバックに使っている色であったり、商品のポイントに使っている色に統一のものを使っていれば、統一的に見てもらえるということです。高級感を出したいということもあるでしょうし、親しみを出したいということもあると思います。まずは広く集めておいて、集まってきてから、細かく内容を見てもらうということができることになります。多くの商品を扱っているところにおいては、いくつも見てもらいたいということがあるでしょうから、必要なことになるということです。役立つのぼりのトリビアということにおいて、同じ系統の色を使うということがあります。もし、コーポレートカラーがあるというのであれば、それを利用するとよいです。大企業などになると、その色がその企業を容易にイメージすることができることがあります。その色めがけて、お客さんが来てくれるということです。遠くから集まってきてくれたお客さんについて、近くで、別々にアピールをします。書いている内容を変えれば、アピールをすることができることになります。もし、コーポレートカラーが浸透していないという場合であれば、店の看板などに使っている色や、目立つ色を使うということもあります。それによって、集客力は期待をすることができることになります。後は、内容で考えてもらうということです。内容を変えるというときにおいても、字体などを統一のものにするなどの工夫をします。色と字体が同じであれば、統一性を高めることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*